入居マニュアル

電話とインターネット接続の開設

フランスでは、近年、多くのプロバイダーが提供している複合サービスが人気で、インターネット、及びインターネット接続を利用したテレビ、電話をセットで申し込むことができます。SFRFREEなどのプロバイダーでは、日本の固定電話への通話が無料で、 オプションチャンネルで日本語衛星放送JSTV(追加料金要)も見ることができます。入居される方がプロバイダーをお選びになり、契約手続きを個人的にお取りください。

EDF/GDF(電気・ガス会社)との契約

ガス・電気の契約には、電話で申し込み手続きができます。前住居者の名前、及びそのアパート固有の供給ナンバー(numéro de point de livraison)を知らせるとスム-ズに進みます。

家具

賃貸住宅には、家具付(LOCATION MEUBLÉE)の物件と家具なし(LOCATION VIDE)の物件があり、家具付物件は入ったその日からすぐに住めるように、キッチンにはガス台、冷蔵庫、簡単な鍋などが置いてあり、ベッド、テ-ブル、椅子などが備えられているのが一般的です(中にはリネン類はついていない物件もあります)。一方、家具無しの物件は、キッチンの設備が整っている場合もありますが、それ以外は何もありません。
家具付と家具無しの物件では法律が違い、入居と退去の時の規則など違ってくるので、契約時によく確認しておきましょう。

住宅保険に入る

火災、窃盗などの際のための住宅保険は、アパ-トを借りるときに義務付けられています。パリ不動産でも日本語で対応できる保険会社をご紹介しています。住所と部屋の広さ、保有財産などがわかっていれば、電話やFAX だけでも加入可能です。学生証があれば保険料は割安になることもあります。

住民税

その年の1月1日に住んでいた人が、そのアパ-トに対する住民税Taxe d’habitationを払う義務があります。金額は住んでいる地域、アパ-トの広さや家族構成によっても違ってきます。テレビの視聴税Redevance audiovisuelleも併せて徴収されます。アパ-トを退去したあと、前年の分の請求がくる場合もあり、この場合は帰国後も日本まで請求書が届くことがあります。本人が払わないと大家さんにその請求書が回りますので、退去時に、大家さんがあらかじめ住民税を徴収しておく場合もあります。

破損、故障などの問題が起きたら…。

借りているアパ-トで故障が出た場合、その責任として壁の向こうのものは大家さんが修理をし、壁から先の内側のものは借りている人が修理することが法律で決まっています。たとえば、壁 の中から出ている水道管の故障を修理する場合は大家さんが支払い、その水道管の先についている蛇口などの故障は借りている人が修理をして支払わなければな りません。時にはすべてを負担してくれる大家さんもいるので、自分の過失以外の故障が出た場合、大家さんに一報を入れておきましょう。

退出したいときはどうすればいい?

アパ-トを出るには、退出する日から遡って3ヶ月前(家具付きの場合は1ヶ月前、法人契約の場合は3か月前になる場合もありますので、契約書をご確認ください)に大家さんにその旨を通知する必要があります。その際、電話など口頭で伝えるのではなく、受領証明付書留郵便(lettre recommandée avec accusé de réception)で送らなければなりません。その手紙を出した日付か1月ヶ月後(場合によっては3ヶ月後)までは、家賃を支払い続ける義務が生じるため、退出日が決まったら、必ずその 1ヶ月前(法人契約でパリ市内お引越しの場合は3ヶ月前になる場合もあります)までに手紙を出すことが大切です。

その後、家主と退出日のアポイントをとったあと、退出当日にETAT DES LEIUXという現状確認をし、保証金を返却してもらいますが、保証金は退去後1ヶ月以内であれば良いことにっていますので、家主は掃除や工事の見積もりを取ったあと、差額を返却します。保証金ができるだけ多く返却されるよう、常日頃からアパートの中を綺麗に保つことが大切です。