パリでのレストラン開業への道(初心者用知識編『営業権』)

「日本では内需拡大を見込めない、海外に進出してマーケットを広げたい」、そんな経営者の方々にとって、パリでのビジネスチャンスは魅力的です。
特に日本食ブームが冷めず、フランス人の間で和食グルメが定着しているパリでは、レストランの開業は成功する確立が高く、また、パリで開業することによって日本でのステータスも上がります。

さて、フランスでレストランを開業することか簡単でしょうか。フランス語の壁や法的な規制、商習慣の違いなど、日本で開業するのとは違って、日本人にとってそれほど簡単ではありません。しかし先にしっかりとした知識を持って計画的に進めていくことで、必ず成功への道が開けてきます。

今回はレストランの場合の開業の道順をご案内します。

例えば、店舗を借りてレストランをオーブンするケースです。

まずは希望の地域ですでにレストランを開業している店舗の中から、営業権を売りに出している店舗を探します。ここで「営業権」という言葉がポイントです。実はフランスでは、店舗を借りる際、その店舗に付帯する営業権というものを、現在の営業者(テナント)から買い取る必要があります。これは「営業権の引き継ぎ」という表現を使います。開業したい店舗が見つかったら、その店舗を所有するオーナーと賃貸契約を結び、同時に現在営業しているテナントから、営業する権利である「営業権」を買いとらなければなりません。この「営業権」は、現在のテナントが金額を決めるのですが、売り上げが高ければ高く、売り上げが低ければ低い、というように、過去の実績によって相場が変わってくるのです。もちろん現テナントの事情にもよりますし、金額の交渉も可能ですが、一般的には、1年間の売り上げの8割程度が営業権の価格になります。
この営業権の価格が現テナントと合意でき、また、所有者との賃貸の合意ができれば、いよいよ契約に向けて具体的な書類手続きに入っていきます。

このページを印刷する